中古携帯に対する不安解消

今まで携帯のお店で携帯電話を購入していた。
通信量とセットで、携帯電話が実質ゼロ円。

そういった方々がほとんどだと思います。もし携帯電話がゼロ円じゃ無いなら、そりゃやすい方が良いですよね?
そんな予算の悩みを解決してくれるのが中古携帯の役割です!

通信分離に伴う携帯電話費用意識アンケート調査サマリー
・調査期間:2019年4月15日(月)~4月16日(火)
・年齢構成:20代から60代、計500名
・男女比:男性48%、女性52%
 ※インターネットによる調査

最近では、大型家電量販店で2~3万円のスマートフォンが沢山販売されています。1万円代のスマートフォンも探せば見つかります。しかし海外製品ばかり・・・。

「日本製や今まで使っているiPhoneが良いんだけど・・・」

そんな悩みを解決できるのが中古携帯です!
「中古のスマホって大丈夫なの・・?」そんな中古初心者の方のために、中古携帯の全てをご紹介します。

中古のスマホやガラケーやタブレットってやっぱり不安・・・そんな方々のために中古携帯についてご説明します。

携帯市場の携帯買取には大きく分けて3つの方法があります。

1、店頭やインターネット経由で個人から買い取る場合
2、企業が使っていた大量の携帯電話を買い取る場合
3、全国のリユースショップ等が買い取った携帯電話を買う場合

上記方法で買い取った端末の種類は、フィーチャーフォン(ガラケー)・スマートフォン・タブレット・パソコン・スマートウォッチなどさまざまなデバイスとなります。
それらの中古携帯は再び安全に使用できるかどうかの検査をするため、まずは当社の集荷工場に運ばれます。

当社が持つセキュリティが高い商品化センターに毎日沢山の携帯電話が集まります。
センターでは、まず電源が入るのか、入らないのかを再度チェックし、入らないものは産業廃棄物へ回され、確実に処分しています。
電源の入るものは世界標準のシステムを利用して検査をおこないます。
おおまかに、データ消去・動作確認・クリーニング・再充電を行って再販されます。

ネットショップや店頭で販売されている中古携帯は、中身も外装もキレイにリフレッシュして売られているのです!

携帯市場はもちろんのこと、中古携帯ショップやリサイクルショップ、インターネットショップ(楽天やアマゾン、ヤフーショップなど)等いろいろなお店で販売しています。

最近では、格安スマホを販売しているMVNO業界でも中古iPhoneをインターネットで販売しています。
中古携帯電話のシェアは徐々に増えていますが、まだまだ認知度は高くはありません。

携帯市場は、スマホ生活 楽天市場店や携帯市場 ヤフーショップなどの様々な通販サイト運営と、実店舗(神田と岐阜に直営2店舗、東北から大阪までに代理店が8店舗)があります。

この携帯市場 通販サイトは、iPhoneや人気のスマホ、まだまだ現役のガラケーなど豊富な在庫を取りそろえています!

調査会社(中古携帯業界)のレポートによると、中古携帯の購入をためらう最大の理由は、個人情報です。
売る方も買う方もやっぱり気になりますよね。
当社では、最新の技術やシステムで個人情報データを消去しています。
個人情報が流出する最大の原因は「アプリ」。
アプリでインターネットに繋げる際は、セキュリティに注意が必要ですね。
携帯市場では、「個人情報流出は自分で守る!」というテーマでスマホ教室を開催中。 詳しくはこちら

中古スマホのこと、少しは理解いただけましたでしょうか?
「もっと詳しい事を知りたい!」そんな方は、電話や問合わせフォームよりご連絡・ご相談ください。